「上条盛也はこちらです。」     「?、、。」                          「Hasta La Vista Babiesです。」      「、、、。」                             「あ、、なんでもないです、、、。」
遠く離れたのか…
少ないかもしれないけどいろんなモノを見てきた。

あるモノに夢中になっては別のモノに目を奪われ、何かを手に入れては失って、近づいては離れて、見えなかったものが見えてきたり、いつでも傍らにあるモノや、いつまで経っても距離が縮まらないモノ。


それ程親密ではないにしろある一時期、それがまだ夢を夢として見ていた頃なら尚更だけど、共に過ごした人やお世話になった人の事を想うとき、とても遠くまで来てしまったような気持ちになる。


それぞれの道を歩み、話す機会が全くなくなってしまった人でも、良きも悪しきも出会った人全てに影響されて今の自分がある。

全てのある人を思い出すとき、自分の心の中にあるその人を思い出すとき、実際の距離や時間がどんなに遠く離れてしまっていても、暖かい気持ちになる人。


心の中で生き続けてる、なんて陳腐かもしれないけど、距離や時間ではなくて、遠く離れてしまったと感じても、思い出すとき、心の中というとても近い所にいる人。


出会った全ての人に感謝して、自分も誰かのそんな存在になれたらいいなと思う。ありがとう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ありがとうと言いたい
恩を返しきれない
楽しさを分かち合った
厳しさを教えてくれた
色んな人達を思い浮かべました
2010/12/08(水) 19:29:20 | URL | チャッピー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
online→: