「上条盛也はこちらです。」     「?、、。」                          「Hasta La Vista Babiesです。」      「、、、。」                             「あ、、なんでもないです、、、。」
忘れないようメモ
「もし人が自分を完璧に守り、一切の損失も脅威もやりすごそうとしたら、結局何も得ることなく終わってしまう。あるいはもっとひどい場合には、無に呑み込まれ、もっとも恐れていた惨めきわまりない境遇の中に終わってしまうだろう。」リチャード・フォード著「究極の幸運」のレイモンド・カーヴァーの書評「喪失と癒しについてのリチャード・フォードの冷徹なヴィジョン」で本文から抜粋している一文。書評を読んでこの本読んでみたいのだが和訳あるのか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
online→: